ジェイゾロフトの効果効能

【ジェイゾロフトとは】
2006年に日本では認可を受けた"抗うつ剤"になります。
抗うつ剤でもっとも古いと言われる三環系を改良してできた、副作用症状が少ない「SSRI」という系統の薬になります。
日本での認可はかなり遅く、アメリカでは1991年の時点で処方が開始されていた薬です。
【効能】
適応症としてはうつ病をはじめ、
・パニック障害
・心的外傷後ストレス障害(PTSD)
・強迫性障害
・摂食障害
などへの効果も認められています。

【作用】
このSSRIという系統は、日本語にすると「選択的セラトニン再取込み阻害剤」になっています。
従って、脳内の神経物質であるセラトニンにのみ作用する薬となっています。
脳の余計な部分に作用しないことから安全性が高く、副作用を抑えることができています。
セラトニンの濃度を上昇させることで、うつ病であれば「意欲や関心の低下」、「抑うつ状態」などの気分の落ち込みを改善することができます。
従来までの治療薬は脳の他の部分にも作用していたので、「抗コリン作用」の特徴である「口の渇き」、「便秘」、「立ちくらみ」などが起こりやすいとされていました。
こうした症状を抑えてうつ病を改善できるので、処方される機会も多い薬になっています。
肝心の効き目の強さですが、一般的にはそこまで強くないと言われています。
なのでジェイゾロフトは「効き目が強すぎず、副作用も少ない薬」という位置づけになるので、軽度の人でも服用しやすい抗うつ剤になり、医師から見ても処方しやすい薬として世界的にも指示されています。

【副作用にはどんなものが??】
やはりジェイゾロフトも飲み薬になるので完全に副作用がなくなることはなく、飲み始めに副作用症状が見られやすいです。
もっとも多いのが飲み始めの「吐き気」です。
程度は人によっても変わりますが、多くの人は2週間ほどで治まると言われています。
薬が合わない場合には、服用中ずっと吐き気が続いてしまう人もいます。
またセラトニンの濃度が高まることで、「不眠症」が現れることもあります。